アイキャッチ画像

SWELLの評判と6つのメリット・3つのデメリットを紹介!【テーマの評判】

WordPressの有料テーマ「SWELL」は、人気急上昇中のテーマです。

AFFINGER5やTHE THORなどに比べると使っているユーザーは少ないですが、

SNSを見ていると「SWELL」を選ぶユーザーが増えてきています。

そんなSWELLの評判と、メリット・デメリットについて紹介していきます。

SWELLの評判はどんな感じなのか。
また、メリット・デメリットはなんなのか。

くわしくわかりやすく紹介していきます!

SWELLの評判

まず、SWELLの評判を紹介します。
SNS(Twitter)での評判をまとめましたので、ご覧ください。

SWELLのいい評判

SWELLの悪い評判

SWELLのメリット【いい評判】

SWELLのメリット【いい評判】

次に、SWELLのメリットを紹介します。

SWELLのメリットは、

・複数サイトで使用可能
・ページの表示速度が速い
・着せ替え機能がある
・ブロックエディター対応
・アフィリエイトリンク管理が簡単
・WordPressのアプデに対応している

この6個です。

複数サイトで使用可能

SWELLは複数サイトでの利用が可能なテーマです。

有料テーマの中には、1度購入しても複数サイトで使用できないものもあります。

しかし、SWELLは1度購入すれば複数サイトでの利用が可能です。

なので、複数サイトの運営をしたい方や、

いまは複数サイトを運営する気がなくても、サイトを作り直したくなったときに複数サイトで使用することができます。

複数サイトで使用可能というのは、じつはとても大きなメリットなんです。

ページの表示速度が速い

SWELLはページの表示速度が速いです。

キャッシュ機能など、ページの表示速度を速くする機能が搭載されているので、SEOの評価も上げやすくなります。

ページの表示速度は、SEOの評価に深くかかわっています。

ページの表示速度が遅いサイトはSEOの評価が低くなるので、検索上位を狙いにくくなります。

しかし、ページの表示速度が速いサイトはSEOの評価が上がりやすくなるので、検索上位を狙いやすくなります。

ページの表示速度はSEOの評価に関わってくるので、意識してみるといいですよ!

着せ替え機能がある

SWELLには「デザインの着せ替え機能」があります。

正確にいうと、プラグインを使ってデザインの着せ替えを行うんですが、
この機能は、すごく便利なんです。

カスタマイズの時間を大幅に短縮することができるので、
記事の執筆に時間をさけて、収益化に繋がりやすくすることができます。

記事を書かないと収益は発生しませんよね。

カスタマイズに時間をとられていると、記事を書けなくなります。
しかし、デザインの着せ替えをすることで、記事を書けるようになるんです!

かなりのメリットですよね

ブロックエディター対応

ブロックエディター対応。

これは、メリットに感じる方もデメリットに感じる方もいると思います。

ブロックエディター対応なので、
ブロックエディターを使いたいブロガーさんにとってメリットになります。

しかし、クラシックエディターを使いたいという方もいますよね。

クラシックエディターを使いたい方は

Disable Gutenberg

クラシックエディターを使いたい方は、「Disable Gutenberg」というプラグインを入れましょう。

「Classic Editor」のプラグインは2021年12月31日で公式サポートが終了します。

なので、Disable Gutenbergというプラグインを使ってクラシックエディター対応にしましょう。

Disable Gutenbergというプラグインは、クラシックエディターと同じですが、より機能性が高くなっています。

アフィリエイトリンク管理が簡単

SWELLにはアフィリエイトリンクなどを管理できる機能が搭載されています。

アフィリエイトリンクをショートコード化するだけではなく、
クリック率などの計測もできます。

アフィリエイトリンクをショートコード化できるので、
アフィリエイトリンクをいちいちコピペする手間が省けて便利ですよね。

ショートコード化できる機能が搭載されているテーマは
そんなに多くないので、ほかの有料テーマと差別化ができます。

WordPressのアプデに対応している

SWELLは、WordPressのアップデートに合わせてテーマもアップデートします。

WordPressがアップデートしたのに
テーマがアップデートしないと、機能が使えなくなったり不具合を起こしたりします。

ちょっと話がずれますが、
プラグインもWordPressのアップデートに合わせてアップデートしないと機能が使えなくなってしまいます。

かなり不便ですよね。

SWELLはアップデートをするので、安心して使うことができます。

SWELLのデメリット【悪い評判】

SWELLのデメリット【悪い評判】

ここまでSWELLのメリットを紹介してきました。

次に、SWELLのデメリットを紹介します。
SWELLのデメリットはこの3つです。

・値段が高い
・SEO対策のプラグインが必要
・使用ユーザーが少ない

この3つがSWELLのデメリットとなっています。

値段が高い

SWELLのデメリットは値段が高いということです。

SWELLの値段:17,600円(税込)となっていて、
ほかの有料テーマと比べても比較的高い値段になっています。

テーマ 値段
SANGO 11,000円(税込)
JIN 14,800円(税込)
AFFINGER5 14,800円(税込)
THE THOR 16,280円(税込)
SWELL 17,600円(税込)
DIVER 17,980円(税込)
賢威 27,280円(税込)

AFFINGER5は比較的安めの値段で、SWELLは比較的高めの値段になっています。

値段が高いので、ブログを始めたばかりの方には手が出しにくかったりしますよね。

値段が高い分、元を取るハードルが上がるというデメリットもあります。

SEO対策のプラグインが必要

SWELLにはSEO対策のプラグインが必要です。

なぜ、プラグインが必要なのかというと、

・titleタグ
・metaタグ

この2つが標準実装されていないからです。
「titleタグ・metaタグ」を使うには、「SEO SIMPLE PACK」というプラグインが必要になります。

プラグインを入れることで、ページの表示速度が遅くなります。

No index 機能などが必要ない方はプラグインも要らないですが、
大体の方が必要に感じると思います。

SWELLにはプラグインが多く必要になることもデメリットです。

SWELLのプラグインについてはこちらをご覧ください。
→ SWELLと相性のいいプラグイン17個と相性が悪いプラグイン5個を紹介!

SWELLのSEO対策についてはこちらをご覧ください。
→ SWELLのSEO対策についてわかりやすく紹介!【テーマのくわしいSEO対策】

使用ユーザーが少ない

SWELLは「人気急上昇中」といっても、まだ使用しているユーザーが少ないです。

なので、ネット上にカスタマイズの情報が少なかったりします。

デザインの着せ替えがあるので、
カスタマイズの情報が少ないのはデメリットじゃない。

と思う方もいるかもしれませんが、

デザインの着せ替えが必ずしも自分に合うとは限りません。

なので、カスタマイズの情報が少ない・使っているユーザーが少ないのは、デメリットといえます。

SWELLはどういう人に向いているのか?

SWELLはどういう人に向いているのか?

SWELLはどういう人に向いているのか。

・値段が高い
・SEO対策などのプラグインが必要
・デザインの着せ替えがある

といったことを考慮すると、初心者の方というよりは

WordPressやブログ運営にある程度慣れている方におすすめできると思います。

WordPressやブログになれていない方が、
プラグインを使ってSEO対策・デザインの着せ替えなどをするのは難しいからです。

そして、値段が高いので
収益化をできるようになっていた方が元を取りやすくなります。

といったことで、WordPress・ブログになれている方に向いているといえます。

SWELLの評判とメリット・デメリット:まとめ

SWELLの評判とメリット・デメリットを紹介してきました。

SWELLは、値段が高く、SEO対策にプラグインが必要で使っているユーザーが少ない。

しかし、デザインの着せ替えがあったり、アフィリエイトリンク管理機能があるので収益化をしやすくなる。

そんなテーマです。

SWELLは、値段が高いですが、機能性も高いテーマです。
なので、収益化を目指す方におすすめです。

機能が充実している、AFFINGER5やTHE THORの方が値段が安かったりするので、有料テーマの購入はじっくり考えましょう。

SWELLと6つの有料テーマの比較はこちらをご覧ください。
→ SWELLの評価と6つの有料テーマの比較をくわしく紹介!【徹底的なテーマ紹介】

SWELLはこちらのボタンから購入できます。

ページの表示速度が速く、Googleが推奨している機能が搭載されていて徹底的なSEO対策がされているテーマ「THE THOR」。そんなテーマであなたも収益化を加速させてみませんか?

THE THORの購入はこちらのボタンからできます。