アイキャッチ画像

SWELLのSEO対策についてわかりやすく紹介!【テーマのくわしいSEO対策】

「有料テーマのSEO対策には差がある」と、思っている方多いと思います。

確かに、テーマのSEO対策には機能の差がありますが、

いまはコンテンツ(記事の内容)を重視しているので、
テーマのSEO対策も重要ですが「コンテンツの充実さ」が重要になってきます。

「じゃあ、テーマのSEO対策って必要ないじゃん」

そんなことなくて、コンテンツ重視でもSEO対策は重要です。

この記事では、有料テーマ「SWELL」のSEO対策について紹介します。

SWELLのSEO対策

SWELLのSEO対策

SWELLのSEO対策について紹介します。

SWELLに施されているSEO対策は、

・titleタグ・metaタグの設定
・パンくずリストの搭載
・モバイルフレンドリー
・キャッシュ機能

と、こんな感じです。

AMP対応については、直接SEOの評価には影響ないといわれていますが、
Googleが推奨している機能なので、今回紹介することにしました。

SWELLのSEO:titleタグ・metaタグの設定

SWELLで「titleタグ・metaタグ」を実装するには

SEO SIMPLE PACKとうプラグインを使う必要があります。

このプラグインで実装できるものは、

・titleタグ
・meta robots
・meta description
・canonical

などです。

「titleタグ」と「metaタグ」とはなんなのか。

titleタグとは?

Titleタグは、記事のタイトルとは別に検索エンジンに記事を登録するときに表示されるタイトルを記述するものです。

検索エンジンが、コンテンツにどんな情報があるのかを把握するために重要なんです。

WordPressの場合、記事のタイトルを入力すれば
「titleタグ」に挿入されるので使わなくても問題ないです。

metaタグとは?

「metaタグ」にはたくさんの種類があります。

・meta robots
・meta description など。

これらすべて「metaタグ」になります。

「meta robots」とは、記事をインデックス(検索エンジンに登録)させないようにするための、no indexなどを設定するもの。

「meta description」とは、記事を検索したときに表示される「抜粋文」を記述するものです。

これらのタグは、SEO対策でかなり重要なものです。

特に、「no index」は、質の低いコンテンツをインデックスさせないようにすることで、SEOの評価を上げることができます。

SWELLには「titleタグ・metaタグ」が標準搭載されていません。

なので、プラグインを入れて対策をする必要があります。

SWELLのSEO:パンくずリストの搭載

パンくずリストもSEO対策で重要です。

パンくずリストは、サイトの構造をクローラーが把握しやすくするもので、
パンくずリストがないとクローラーがサイトの構造・内容を把握しにくくなります。

これが、パンくずリストです。

パンくずリスト

クローラーがサイトの構造を把握しにくくなると、クローラーが回る速度が落ちてしまいます。

なので、パンくずリストも重要なのです。

SWELLのSEO:モバイルフレンドリー

モバイルフレンドリーといわれてもピンと来ないかもしれませんが、

「レスポンシブ対応デザイン」といえばピンとくる方多いんじゃないかなと思います。

レスポンシブ対応デザインとは、「端末のサイズに合わせたデザイン」のことで、

パソコン・スマホ・タブレットの端末の大きさに合わせてデザインを適したものにすることです。

モバイルフレンドリーなサイトはSEOの評価が高くなります。

実際、サーチコンソールでも「モバイルフレンドリー」という項目があり、
モバイルフレンドリーではないサイトは警告を受けます。

SWELLのSEO対策:キャッシュ機能

SWELLにはページの表示速度を上げるための機能「キャッシュ機能」が搭載されています。

SEOの評価を上げるためには「ページの表示速度を上げること」が重要になってきます。

SWELLには、ページの表示速度を上げる機能が搭載されているので、
ページの表示速度を上げやすくなります。

キャッシュ機能は、ページの表示速度を上げる機能です。
この機能がついているだけでもページの表示速度がかなり速くなります。

これが、SWELLのSEO対策です。

SWELLと他の有料テーマでSEO対策の差は?

SWELLと他の有料テーマでSEO対策の差は?

SWELLとほかの有料テーマでSEO対策の差があるのか。

気になるところではありますが、
実は、ほかの有料テーマとのSEO対策の差はそんなにないんです。

たしかに、SWELLにはtitleタグやmetaタグが標準実装されていませんよね。

SEO対策も重要ですが、

コンテンツの内容がかなり重視されてきているので、
SEO対策がどんなに強くてもコンテンツがだめだと検索上位には上がれなくなってしまいます。

しかし、SEO対策が強いに越したことはないので、
テーマを選ぶときは、SEO対策が強いテーマを選ぶといいと思います。

SWELLの評価とおすすめプラグイン

ここで、SWELLの評価とSEO系のおすすめプラグインを紹介します。

SWELLの評価はこのようになりました。

SWELLの評価

SWELLの評価

デザイン性が高いテーマ

SWELL

デザイン性が高い

趣味ブロガーさん向け

値段が少し高い【17,600円(税込)】

3.5

SEO対策

4.5

デザイン性

4

操作性

3.5

集客率

SWELLは値段が高く「17600円(税込)」となっています。

SEO対策がそこまで強いわけではなく、
デザイン性、操作性に優れているテーマです。

SEO対策が強くするには、
これから紹介するプラグインを導入するといいと思います。

SWELLのSEO関連おすすめプラグイン

SWELLにおすすめのSEO対策関連のプラグインを2つ紹介します。

SWELLには、titleタグ・metaタグが実装されていないので、
それを補うプラグインが必要です。

・SEO SIMPLE PACK
・Really Simple SSL

この2つのプラグインがSWELLにはおすすめです。

SEO SIMPLE PACK

SEO系プラグイン

このプラグインは日本向けに作られたSEO対策のプラグインです。

・titleタグ
・meta robots
・canonical など

こういった機能を実装することができます。

とてもシンプルなプラグインなので、充実していて使いやすいものになっています。

SWELLにはtitleタグなどが標準実装されていないので、このプラグインは必須となります。

Really Simple SSL

SSL化

SSL化をするためのプラグインですが、

サーバーによっては、SSL化が無料で出来るものもあるので(ロリポップサーバーなど。)
そういったサーバーには必要ないプラグインですが、

無料でSSL化をする機能がないサーバーには、このプラグインがおすすめです。

SSL化すると、セキュリティが強くなり、
http:// から https:// となります。

http:// よりも安全なサイトになるので、このプラグインはSSL化をしたい方にぴったりです。

SWELLのプラグインについては、こちらの記事をご覧ください。
→ SWELLと相性のいいプラグイン17個と相性が悪いプラグイン5個を紹介!

SWELLのSEO対策【まとめ】

SWELLのSEO対策について紹介してきました。

SWELLは、titleタグやmetaタグを「プラグイン」で実装する必要があります。

しかし、モバイルフレンドリーだったり、キャッシュ機能が搭載されていたりと、SEO対策は充実しています。

SWELLは趣味ブログでも収益ブログでも使えますが、
税込:17,600円と、値段が少々高いので、収益ブログとして使うのがおすすめです。

SWELLと6つの有料テーマとの比較を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
→ SWELLの評価と6つの有料テーマの比較をくわしく紹介!【徹底的なテーマ紹介】

ページの表示速度が速く、Googleが推奨している機能が搭載されていて徹底的なSEO対策がされているテーマ「THE THOR」。そんなテーマであなたも収益化を加速させてみませんか?

THE THORの購入はこちらのボタンからできます。