アイキャッチ画像

SANGOのレビューと6つのテーマの比較を詳しく紹介!【テーマのわかりやすい紹介】

有料テーマの中でもコスパがいいテーマであるSANGO。

SANGOの評価とレビュー・比較を紹介します。

SANGOはどのような評価で、ほかの6つの有料テーマと比較するとどうなるのか。
そういったことを、詳しく・わかりやすく紹介します!

まずは、SANGOのレビューからです。

SANGOのレビュー

冒頭でも紹介しましたが、SANGOはコスパがいいテーマです。

値段が安くある程度の機能が搭載されている。
一見するといいテーマなんですが、SANGOの魅力・機能性はどうなのか。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

SANGOの魅力

次に、SANGOの魅力について紹介します。
SANGOの魅力は、

・値段が安い
・記事の装飾が豊富
・遅延読み込み機能 (lazy load)がある

この3つです。

魅力① 値段が安い

SANGOの魅力はなんといっても「値段が安い」ということです。

SANGOの値段は「11,000円(税込)」と、とても安いんです。

ほかの有料テーマと比べると、こうなります。

テーマ 値段
SANGO 11,000円(税込)
JIN 14,800円(税込)
AFFINGER5 14,800円(税込)
THE THOR 16,280円(税込)
SWELL 17,600円(税込)
DIVER 17,980円(税込)
賢威 27,280円(税込)

賢威と比べると、16,280円の差があります。
その差額で、AFFINGER5・JIN・THE THORが買えますよね。

SANGOは有料テーマの中でもかなり安いテーマなんです。

魅力② 記事の装飾が豊富

SANGOは、記事の装飾が豊富という魅力もあります。

記事の装飾、とは、「ボックス」「リスト」「見出し」「ボタン」などのことを言います。

SANGOの記事の装飾は

・ボックス:35種類
・リスト:24種類
・見出し:36種類
・ボタン:53種類

と、なっていて、合計すると148種類もあるんです。

ここまで記事の装飾が豊富なテーマはなかなかありません。

魅力③ 遅延読み込み機能がある

遅延読み込み機能。
CSSでいう「lazy load」ですね。

画像などの遅延読み込み機能が搭載されています。

この機能が搭載されていることで、ページの読み込み速度が速くなります。

欲を言えば、キャッシュの制御機能もついているともっとページの読み込み速度は速くなるんですけどね……。

この機能は、プラグインでやる場合が多いですが、
SANGOには標準搭載されているのでプラグインを入れる必要がありません。

プラグインの短縮化ができるのも魅力的ですよね。

SANGOの機能性

SANGOの機能は充実していると思います。

記事の装飾が豊富で、独自の目次があったり遅延読み込み機能があったりするからです。

しかし、機能は充実していますが
「収益面」での機能は充実しているとは言えません。

収益面の機能性は低い

SANGOには、アフィリエイトリンク管理機能やランキング機能がありません。

多くのアフィリエイト案件では、ランキング機能が必要なものが多いです。
例として、ウォーターサーバーがあります。

ランキング機能がないので、プラグインを入れないといけないという弱点があります。

なので、普通に使う分には機能は充実しているといえますが、
収益化を目指す方にとっては機能が充実しているとは言えないと思います。

SANGOの使用に向いているのは?

SANGOの使用に向いているのはどういうブロガーさんか。

SANGOは、趣味ブログ向けのテーマです。

もちろん、収益ブログで使えないわけではないですが、

収益化を目指すなら、SEO対策や収益面での機能がもっと充実しているテーマがいいと思います。

例として、AFFINGER5・THE THOR・DIVERなどがあります。

収益化を目標にしているブロガーさんは、SANGOではなく「AFFINGER5」など収益化に適しているテーマ。

趣味でブログをやっている方はSANGOやJINをおすすめします。

SANGOと6つのテーマの比較

SANGOと6つのテーマの比較

次に、SANGOと6つのテーマの比較を紹介します。

SANGOと比較する有料テーマは、

・AFFINGER5
・DIVER
・賢威
・SWELL
・JIN
・THE THOR

です。

SANGOとAFFINGER5の比較

AFFINGER5

SANGOとAFFINGER5の比較です。

SANGOとAFFINGER5の比較はこのようになりました。

SANGOとAFFINGER5の違い

SANGOとAFFINGER5の違いは

「収益ブログ向けかどうか」「専用プラグインがあるか」といった点です。

SANGOは趣味ブログ向け、AFFINGER5は収益ブログ向けのテーマです。

なので、AFFINGER5の方が収益化のための機能が充実しています。

そして、AFFINGER5には専用プラグイン(有料)というものがあります。
専用プラグインがあるので、収益化を加速させることができます。

専用プラグインは有料なので、その点は注意してください。

SANGOとAFFINGER5の比較はこちらの記事をご覧ください。
→ AFFINGER5とSANGOの9個の項目を徹底比較!【表でわかりやすいテーマ比較】

SANGOとDIVERの比較

DIVER

SANGOとDIVERの比較を紹介します。

SANGOとDIVERの比較はこのようになりました。

SANGOとDIVERの違い

SANGOとDIVERの違いは

・DIVERにはAMPが搭載されている
・SANGOはカスタマイズが難しい
・マーカーが動くかどうか

などがあります。

AMP搭載の有無

SANGOには、Googleが推奨している機能「AMP」が搭載されていません。

しかし、DIVERにはAMPが搭載されています。

AMPとは、ページを速くする機能です。

AMPという機能を使えば、ページ速度を上げることができるので
SEOの評価を上げやすくなります。

カスタマイズの難易度

SANGOはカスタマイズの難易度が高いテーマです。

カスタマイズの難易度が高いので、

カスタマイズに費やす時間が多くなってしまい、記事の執筆ができないというデメリットがあります。

一方のDIVERですが、
基本色を一括で変更できる機能などが搭載されているので、簡単にサイトをカスタマイズすることができます。

マーカーが動くかどうか

マーカーが動くかどうか。

これって結構重要で、マーカーが動くだけで他のブログと差をつけられる。
だけではなく、記事内での文章に注目させることができます。

収益記事などで、注目させたい部分があるときに
動くマーカーを適度に使った方が注目度が上がります。

DIVERには動くマーカーが搭載されていて、
SANGOには搭載されていません。

これが、SANGOとDIVERの違いです。

SANGOとDIVERの詳しい比較はこちらの記事をご覧ください。
→ DIVERとSANGOの機能を徹底比較【わかりやすいテーマの比較】

SANGOと賢威の比較

賢威

SANGOと賢威の比較を紹介します。

SANGOと賢威を比較するとこのようになりました。

SANGOと賢威の違い

SANGOと賢威の違いは、

・値段
・個人向けか企業向けか

この2つです。
値段も大きく違いますが、個人向けのテーマか企業向けのテーマか。
という点も違います。

値段に大きな差がある

SANGOと賢威には大きな値段の差があります。

SANGOは11,000円(税込)なのに対し、賢威は「27,280円(税込)」なんです。
その差は16,280円です。

THE THOR・JIN・AFFINGER5が買えてしまうほどの値段の差があります。

そして、もう1つ大きな違いがあります。

個人向けか企業向けか

SANGOと賢威のもう1つの大きな違いは、

個人ブログ向けか企業サイト向けか、の違いです。

SANGOは個人ブログ向けのテーマなのに対し、
賢威は企業サイト向けのテーマなんです。

もちろん、賢威を個人ブログで使えないことはないですが、
企業サイト向けなので、カスタマイズをするのが前提です。

デザインがシンプルだったり、Html+CSSの知識が必要だったりします。

なので、個人ブログを運営したいブロガーさんは、SANGOを。
企業サイトを運営したい方は賢威をおすすめします。

SANGOと賢威の詳しい比較はこちらの記事をご覧ください。
→ 賢威とSANGOを徹底比較|テーマに関する3つの疑問も解決!

SANGOとSWELLの比較

SWELL

SANGOよSWELL(スウェル)の比較を紹介します。

SANGOとSWELLの比較はこのようになりました。

SANGOとSWELLの違い

SANGOとSWELLの違いについて紹介します。

SANGOとSWELLの違いは

・アフィリエイトリンク管理機能の有無
・キャッシュ機能の有無
・値段

この3つです。

アフィリエイトリンク管理機能の有無

SANGOは趣味ブログ向けのテーマ。
SWELLは趣味・収益兼用のテーマです。

SWELLにはアフィリエイトリンク管理が搭載されていますが、
SANGOにはその機能が搭載されていません。

なので、アフィリエイトをやっているブロガーさんには
SWELLの方がいいんです。

アフィリエイトの機能が少ないので、SANGOでアフィリエイトをやって稼ぐのは、難しいです。

キャッシュ機能の有無

キャッシュ機能が搭載されているかどうか。
そこにも違いがあります。

キャッシュ機能が搭載されているテーマは、ページの表示速度が速くなります。

ページの表示速度が速くなるとSEOの評価が高くなります。

SANGOには遅延読み込み機能(lazy load)がありますが、
キャッシュ機能はありません。

SWELLには、キャッシュ機能・ページ速度高速遷移機能が搭載されています。

なので、SWELLの方がページの表示速度を上げることができます。

値段が大きく違う

SANGOとSWELLは値段が結構違います。

SANGO:11,000円(税込)
SWELL:17,600円(税込)

その差は6,600円です。

有料テーマ「賢威」とSANGOの差額は「16,280円」ですが、
SANGOとSWELLの差額も大きいと思います。

値段が大きく違いので、趣味でブログをやるのか収益化を目指すのか。
そこを決めてからテーマ選びをしましょう。

SANGOとSWELLの詳しい比較はこちらの記事をご覧ください。
→ SANGOとSWELL(スウェル)を8つの項目で徹底比較!【詳しいテーマの比較】

SANGOとJINの比較

JINの写真

SANGOとJINの比較を紹介します。

SANGOとJINの比較はこのようになりました。

SANGOとJINの違い

SANGOとJINの違い。

SANGOとJINにはこのような違いがあります。

・着せ替え機能があるかどうか
・目次機能が搭載されているか

大きな違いはこの2つです。

着せ替え機能の有無

先ほども紹介した通り、JINにはデザインの着せ替え機能が搭載されています。

ほかのテーマだとAFFINGER5やTHE THORにも搭載されています。

この機能は、プラグインを使って簡単にデザインを着せ替え出来るというものです。

デザインの着せ替え機能があることで、
カスタマイズに使う時間が大幅に短縮できるので、記事の執筆に時間が割けます。

着せ替え機能はJINには搭載されていますが、SANGOには搭載されていません。

目次機能の有無

目次は、読者が記事の内容を把握するため、
リライトするときに自分が記事の内容を把握するために必要不可欠な機能です。

SANGOには独自の目次が搭載されていますが、
JINには目次機能が搭載されていません。

JINで目次を作るにはプラグインを使う必要があります。

SANGOとJINの大きな違いはこんな感じです。

SANGOとJINの詳しい比較はこちらの記事をご覧ください。
→ JINとSANGOの違いを詳しく比較!【初心者ブロガー必見】

SANGOとTHE THORの比較

THE THORテーマダウンロード

最後に、SANGOとTHE THORの比較を紹介します。

SANGOとTHE THORの比較はこのようになりました。

SANGOとTHE THORの違い

SANGOとTHE THORの違いを紹介します。

SANGOとTHE THORは、

・サポートの有無
・着せ替え機能の有無
・ページの表示速度の対策

この3つです。

サポートの有無

THE THORは

・インストールまでメールサポート
・インストール後は会員フォーラムでのサポート

がありますが、

SANGOにはサポートがありません。

困ったことや疑問点が生まれた時、自力で解決しないといけない。
という弱点があります。

THE THORはサポートがあるので、疑問点などを質問できます。

サポートがないと、疑問点の解決に時間を使ってしまう、というデメリットがあります。

着せ替え機能の有無

THE THORには、JINやAFFINGER5に搭載されている「デザインの着せ替え機能」が搭載されています。

なので、デザインをおしゃれにすることが簡単にできて、
カスタマイズの時間短縮をすることができます。

カスタマイズの時間を記事の執筆にさける。
なので、収益につながりやすくなるというわけです!

SANGOには着せ替え機能は搭載されていません。

ページの表示速度の対策

ページの表示速度の対策がTHE THORとSANGOで差があります。

THE THORには、

・Gzip圧縮
・ブラウザキャッシュ
・CSS・画像遅延読み込み
・AMPの搭載

などがありますが、

SANGOには、遅延読み込みしかありません。

なので、ページの表示速度の対策が大きく違うんです。

THE THORの方がSEOの評価も上げやすくなります。

これがSANGOとTHE THORの違いです。

SANGOとTHE THORの詳しい比較はこちらの記事をご覧ください。
→ THE THORとSANGOを徹底比較!|くわしくわかりやすいテーマの比較

SANGOのレビュー・比較:まとめ

SANGOのレビューと比較を紹介してきました。

SANGOは趣味ブログ向けのテーマなので、
収益ブログ向けのテーマと比べると、SEO対策などは弱いですが、

かなりコスパがいいテーマです。

趣味でブログを運営するのか、収益化を目標としてブログ運営するのかを明確にしてからテーマ選びをしましょう!

ページの表示速度が速く、Googleが推奨している機能が搭載されていて徹底的なSEO対策がされているテーマ「THE THOR」。そんなテーマであなたも収益化を加速させてみませんか?

THE THORの購入はこちらのボタンからできます。