アイキャッチ画像

JINとDIVERの機能や評判を徹底比較!【詳しいテーマの比較】

人気がすごく高いJINと機能性が充実しているDIVER。

アフィリエイト・アドセンスで稼ぐにはどっちが稼ぎやすいのか。
SEO対策はどっちが強いのか。

などなど、気になりませんか?

この記事では、

・JINとDIVERの機能の比較
・JINとDIVERのメリット・デメリットの比較
・JINとDIVERの評判の比較

について書いています。

SEO対策や、操作性・機能性など詳しくわかりやすく紹介していきます。

まずは、JINとDIVERの機能の比較からです。

JINとDIVERの機能の比較

JINとDIVERの機能の比較

JINのDIVERの機能の比較を紹介したいと思います。

比較する機能は9個。

・値段
・SEO対策
・デザイン性
・操作性・機能性
・着せ替え機能の有無
・AMP・PWAの搭載
・ページ速度
・ブロックエディターの対応
・複数サイトでの使用

この9個の機能を比較していきます。

結論から紹介すると、比較結果はこうなります。

JINの機能 DIVERの機能
値段 14,800円(税込) 17,980円(税込)
SEO対策
デザイン性
操作性・機能性
着せ替え機能の有無 ×
AMP・PWAの搭載 × △(AMPのみ)
ページ速度
ブロックエディターの対応
複数サイトでの利用

それでは、詳しく紹介していきます。

詳しい比較が要らない人はこちらをクリックしてください。

比較① 値段

最初の比較は「値段」です。

JINとDIVERの値段を紹介します。
値段を比較するとこうなります。

JIN:14,800円
DIVER:17,980円

です。
差は、3,180円です。

ブログ関係の本が2冊くらい変えるくらいの差ですね。

ほかのテーマと値段を比較するとこうなります。

テーマ 値段
SANGO 11,000円(税込)
JIN 14,800円(税込)
AFFINGER5 14,800円(税込)
THE THOR 16,280円(税込)
SWELL 17,600円(税込)
DIVER 17,980円(税込)
賢威 27,280円(税込)

THE THORを中心と考えると
JINは中心の値段より安く、DIVERは中心の値段より高い

ということになります。

JINの値段 DIVERの値段
14,800円 17,980円

比較② SEO対策

JINとDIVERのSEO対策を比較していきたいと思います。

SEO対策を比較するとこうなります。

JINのSEO対策 DIVERのSEO対策
・titleタグ

・no index

・meta description

 

・titleタグ

・no index

・no follow

・canonical

・meta description

このようになります。

JINは、よく使うSEO対策の機能が搭載されていて、
DIVERは、「よく使う機能+α」の機能が搭載されていますね。

中でも、canonicalは正規URLを伝えるために必要なので、
DIVERの方がSEO対策が強いといえます。

JINのSEO対策 DIVERのSEO対策

比較③ デザイン性

JINとDIVERの「デザイン性」について比較します。

JINにはデザインの「着せ替え機能」というものがあります。
11種類の無料テンプレートから、自分の好きなデザインを選んで「着せ替え」ができます。

なので、初心者ブロガーさんでも簡単におしゃれなブログにすることができます。

DIVERは、デザインの基本の色を一括で変更可能なんです。
つまり、メインカラーを青にしたい場合は青に統一できる、というわけです。

なので、デザインカスタマイズの知識がそこまでなくてもデザイン(色)を変えることできます!

JINのデザイン性 DIVERのデザイン性

比較④ 操作性・機能性

JINとDIVERの機能性・操作性を比較します。

JINは、デザインの着せ替え機能があるほか、
ランキング作成機能があったり、広告管理が楽だったりします。

なので、機能性・操作性が高いといえます。

DIVERは、メインカラーを一括変更できるのに加えて、
アンダーラインマーカーが動くようにしたり、記事ごとに細かい設定が可能です。

記事を書くときに、入力補助機能があったり
アイキャッチを動画にできたりするので、DIVERも機能性が高いといえます。

JINの機能性 DIVERの機能性

比較⑤ 着せ替え機能の有無

デザインの着せ替え機能の有無を比較します。

JINにはデザインの着せ替え機能があります。
なので、初心者ブロガーさんでも簡単にデザインを着せ替えることができます。

THE THOR(ザ・トール)というテーマにも同じような着せ替え機能がついています。

DIVERには、着せ替え機能がありません。
なので、JINよりはデザインのカスタマイズが難しく感じるかもしれません。

JINの着せ替え機能の搭載 DIVERの着せ替え機能の搭載
×

比較⑥ AMP・PWAの搭載

AMPとPWAという機能が搭載されているかどうかを紹介します。

AMPとは「ページ速度を速くする機能」
PWAとは「サイトをアプリ化してリピート率を上げる機能」

です。

JINには、AMP・PWAが搭載されていません。

なので、ページ速度を上げたりリピート率を上げたりするのが
AMP・PWAを搭載しているテーマより難しくなります

一方でDIVERですが、
PWAは搭載されていませんが、AMPは搭載されています。

なので、ページ速度を上げやすくなります。

JINのAMP・PWAの搭載 DIVERのAMP・PWAの搭載
× △(AMPのみ)

比較⑦ ページ速度

SEO対策で重要なページ速度を比較していきたいと思います。

JINのページ速度はそこまで速くないという評判が多いです。
一方のDIVERも、ページ速度はそこまで速くないという評判が多いです。

しかし、DIVERにはAMPという機能が搭載されています。
なので、ページ速度はAMPの方が上げやすくなる、という結論になります。

JINのページ速度を上げるにはキャッシュ系のプラグインを入れたり、
画像圧縮のプラグインを入れるといいと思います。

JINのページ速度 DIVERのページ速度

比較⑧ ブロックエディターの対応

クラシックエディターのサポート期限が2021年12月31日に終わるので、ブロックエディターに対応しているのかって重要ですよね。

JINはブロックエディターに対応しています。
一方のDIVERもブロックエディターに対応しています。

しかし、クラシックエディターの方が使いやすい、というブロガーさんもいますよね。
そういう方は、プラグインをいれることでエディターの変更ができます。

JINのブロックエディターへの対応 DIVERのブロックエディターへの対応

比較⑨ 複数サイトでの使用

複数サイトで利用可能か。

複数サイトを運営する気がないブロガーさんでも、
将来的に複数サイトを運営する場合や、いまのサイトを消してやり直す可能性があります。

そんなときに複数サイトでの利用ができないと困りますよね。

JINとDIVER。
両テーマとも複数サイトでの利用が可能です。

なので、一度購入すれば何個サイトを作ってもテーマが利用可能になります。

JINの複数サイトでの利用 DIVERの複数サイトでの利用

JINを購入したい方はこちらのボタンをクリックしてください。

DIVERを購入したい方はこちらのボタンをクリックしてください。

JINとDIVERのメリット・デメリットの比較

JINとDIVERのメリット・デメリットの比較

JINとDIVERのメリットを紹介していきます。

JINのメリット・デメリットはそれぞれ2つ。
DIVERのメリット・デメリットもそれぞれ2つずつあります。

JINのメリット

JINのメリットは

・デザインの着せ替え機能がある
・広告管理が楽

この2つです。

デザインの着せ替え機能がある

JINには、デザインの着せ替え機能があります。

なので、初心者ブロガーさんでも簡単におしゃれなブログに仕上げることができます。

「html+CSS」の知識がなくても、十分おしゃれで充実したブログにできるので、

カスタマイズの時間が短くて済み、記事の執筆に時間がさけるというメリットがあります。

広告管理が楽

アドセンスをやっているブロガーさんにうれしい機能ですよね。

JINはアドセンスの広告管理が楽なんです。

WordPressのテーマの中には広告管理が楽じゃなかったりするテーマもありますが、JINはアドセンスの広告管理が楽なんです。

アドセンスをやっているブロガーにとってかなりのメリットですね。

JINのデメリット

JINのデメリットも2つあります。

JINのデメリットは

・目次作成にプラグインが必要
・ページ速度が速くない

この2つです。

AMP・PWA非対応

JINは、AMP・PWA非対応です。

プラグインで導入することは可能ですが、THE THORやDIVERのように標準搭載されていません。

プラグインで導入すると
ページ速度が遅くなったり、セキュリティの欠陥が生まれたりするので多くのプラグインを入れることはおすすめしません。

標準搭載されているテーマと比べると、弱点(デメリット)になるのかなと思います。

ページ速度が速くない

JINはページ速度が速くないです。
遅いわけではないんですが、速くないという評判が多いです。

なので、SEOの評価的には悪くなります。

しかし、キャッシュ系のプラグインや画像圧縮のプラグインを入れることで解消できます。

そこまで大きなデメリットではないですが、THE THORと比べると弱点になるのかな、と思います。

JINを購入したい方はこちらのボタンをクリックしてください。

DIVERのメリット

DIVERのメリットは、

・マーカーが動く
・サポートが充実している

この2つです。

マーカーが動く

DIVERのメリット・魅力は「マーカーが動く」点です。

マーカーが動くって、魅力感じませんか?

まぁ、魅力を感じない人もいるかと思いますが、

マーカーが動くことで、記事の中でそこに注目させることができるので、特に重要なことを読者に伝わりやすくなります。

伝わらない文章より伝わる文章の方がいいですよね。
なので、マーカーが動くのはかなりのメリットなんです。

サポートが充実している

DIVERはサポートが充実しているという評判がとても多いです。

有料テーマのなかには、サポートがないテーマもあるんですが、DIVERはサポートがしっかりしています。

なので、困ったときに疑問をすぐ解消できる、というメリットがあります。

DIVERのデメリット

DIVERのデメリットも2つあります。

・料金が高い
・機能が多すぎる

この2つのデメリットがあります。

料金が高い

DIVERの料金は少し高めに設定されています。

DIVERは「17,980円(税込)」です。
ほかのテーマと比較するとこうなります。

テーマ 値段
SANGO 11,000円(税込)
JIN 14,800円(税込)
AFFINGER5 14,800円(税込)
THE THOR 16,280円(税込)
SWELL 17,600円(税込)
DIVER 17,980円(税込)
賢威 27,280円(税込)

THE THORを中心に考えると、すこし高い金額ですよね。

機能はかなり充実していますが、料金が高いので初心者ブロガーさんには手が伸ばしにくいテーマなのかな、と思います。

機能が多すぎる

機能が多すぎるのはいいことです。
機能がなさすぎるテーマより、あるテーマの方がいいんです。

しかし、機能が多すぎることが「使いこなす」のに時間がかかるかもしれません。

それは個人差があると思いますが、WordPressになれていないブロガーさんには難しく感じるかもしれません。

どのテーマでも最初はそうなんですが、機能が多いので、
機能が少ないテーマより使いこなすまでに時間がかかる場合があります。

DIVERを購入したい方はこちらのボタンをクリックしてください。

 

JINとDIVERの評判の比較

次に、JINとDIVERの評判を比較したいと思います。

JINを使っている・使っていたユーザーさん。
DIVERを使っている・使っていたユーザーさんの声をまとめました。

JINユーザーの声

DIVERユーザーの声

JINとDIVERの比較:まとめ

JINとDIVERの機能などの比較を紹介してきました。

JINとDIVERの機能を比較するとこうなります。

JINの機能 DIVERの機能
値段 14,800円(税込) 17,980円(税込)
SEO対策
デザイン性
操作性・機能性
着せ替え機能の有無 ×
AMP・PWAの搭載 × △(AMPのみ)
ページ速度
ブロックエディターの対応
複数サイトでの利用

機能は若干ですが、JINの方がいいといえます。

値段もDIVERより安く、機能性が充実しているので、
初心者~中級者ブロガーさんにはJINがおすすめです。
AMPはもちろん、多くの機能を使いこなせると思うので、
ある程度、実力がある中級者~上級者ブロガーさんは、DIVERをおすすめします。

自分にあったテーマで、ブログの収益・PVを伸ばしましょう!

JINを購入したい方はこちらのボタンをクリックしてください。

DIVERを購入したい方はこちらのボタンをクリックしてください。

JINとほかの6つのテーマの比較を知りたい方はこちらから
→ JINの評価と6つのテーマの比較・レビューを紹介!【テーマ選びを失敗しないの記事】

DIVER

SEO対策などの実績が詰まっているテーマ「Diver」。Diverを使っているユーザーさんの実績と共に進化を続けるテーマです。SEO対策はもちろんのこと、デザイン性や機能性も高いです。そんなテーマで収益を目指してみませんか?

DIVERを購入したい方はこちらのボタンをクリックしてください。