アイキャッチ画像

STORK19とDIVERの比較を詳しくわかりやすく紹介【差別化するならデザイン重視!】

ブログを運営していると「独自性」や「デザイン」といったことで悩むことがあるかと思います。

じつは有料テーマの最大の魅力・差別化できるのは「デザイン」なのです。

シンプルなデザインだったり、落ち着いたデザインだったりとテーマによってデザインが違うのです。

STORK19とDIVERのデザインを比較しても、やはりデザインが違います。

この記事では、デザイン性や機能など「STORK19とDIVERの比較」を紹介します。

STORK19とDIVERのデザインの比較

STORK19とDIVERのデザインの比較

STORK19とDIVERの比較。

最初の比較は、有料テーマの1番の特色である「デザイン」についてです。

STORK19とDIVERのデザインはおしゃれなのか。
デザイン性・カスタマイズ性は高いのか。

といった部分を紹介していきます。

STORK19のデザイン性・カスタマイズ性

STORK19のデザイン性・カスタマイズ性についてです。

STORK19は有料テーマの中では割とシンプルなデザイン部類に入ります。

当ブログでも使っているTHE THORという有料テーマは、デフォルトでもおしゃれテーマです。

STORK19はシンプルなデザインなので、カスタマイズ性は高くなります。

また、STORK19はシンプルでおしゃれなデザイン+レスポンシブデザインの組み合わせになっているので、

SEO対策もしっかりしています。

ただ、デザインの着せ替えがないので、
「「カスタマイズに時間がかかってしまう」」という弱点があります。

なので、STORK19はカスタマイズに時間を割けて、
尚且つCSSなどの知識がある方に特におすすめできるテーマです。

DIVERのデザイン性・カスタマイズ性

DIVERもデザイン性が高いテーマです。

しかし、STORK19とは違いシンプルなデザインではありません。

STORK19とDIVERのデザインを比較すると、DIVERは大人っぽいデザインになっています。

なので、落ち着いたデザインなら「DIVER」
シンプルでおしゃれなデザインなら「STORK19」がおすすめです。

DIVERにもデザインの着せ替えがありません。
なので、STORK19と同じくカスタマイズに時間がかかってしまいます。

カスタマイズの時間を短縮したい方は、
THE THORやAFFINGER5をおすすめします。

DIVERはこちらのリンクから購入できます。
→ SEO対策済み!wordpressテーマ「Diver」

STORK19はこちらのリンクから購入できます。
→ WordPressテーマ「STORK19」

STORK19とDIVERの用途の比較

STORK19とDIVERの用途の比較

STORK19とDIVERでは用途が違います。

用途と表現するとわかりにくいので、わかりやすく表現すると、

「「アフィリエイト向けか趣味ブログ向けか」」ということです。

WordPressの有料テーマは、それぞれ用途が違います。
もちろん、STORK19とDIVERも例外ではありません。

では、STORK19とDIVERは
アフィリエイト向けなのか、趣味ブログ向けなのか。

用途について紹介します。

STORK19の用途

STORK19は、アフィリエイト向けではなく「趣味ブログ向けのテーマ」です。

趣味ブログ向けのテーマですが、アフィリエイトブログでも使えます。

STORK19は、アフィリエイトで稼ぎたい方に便利なCTA・LP機能が搭載されています。

なので、趣味ブログにもアフィリエイトブログにも使えるテーマです。

ただし、複数サイトでの利用ができないので注意してください。

CTA・LP機能が搭載されていますが、

SEO系プラグインが必要だったり、目次作成のプラグインが必要だったりするので趣味ブログに使うのが適しているといえます。

DIVERの用途

DIVERはアフィリエイト向けのテーマです。

理由はいくつかあり、

・値段が高い(税込:17,980円)
・CTA・LP機能が搭載
・複数サイトでの利用が可能

といったことが要因となります。

CTA・LP機能が搭載されているのでSTORK19と同じですが、

「複数サイトでの利用が可能な点」と「値段が高い点」を見ると趣味ブログで導入するより、

アフィリエイトブログで導入するのをおすすめします。

アフィリエイトブログとしても趣味ブログとしても使えるのは、
STORK19とDIVERの共通点ですね。

DIVERはこちらのリンクから購入できます。
→ SEO対策済み!wordpressテーマ「Diver」

STORK19はこちらのリンクから購入できます。
→ WordPressテーマ「STORK19」

STORK19とDIVERの機能等の比較

STORK19とDIVERの機能等の比較

STORK19とDIVERは比較。

ここまで、デザインと用途の比較を紹介してきましたが、

ここからはSTORK19とDIVERの機能をメインに比較をしていきます。

比較その① 値段

最初に、STORK19とDIVERの値段を比較します。

STORK19とDIVERの値段には大きな差があります。

STORK19の値段は有料テーマの中で安い部類に入りますが、DIVERの値段は有料テーマの中で高い部類に入ります。

STORK19とDIVERの値段を比較すると、

STORK19 DIVER
11,000円(税込) 17,980円(税込) 6,980円

となります。

約7,000円の差があります。
ブログ系の本が1冊1,750円ほどなので3冊買えるほどの差があることになります。

比較その② SEO施策

「有料テーマのSEO施策は充実している」と思っている方が多いですが、実はそんなことないのです。

SEO系のプラグインを導入すれば、差をほとんど埋めることができます。

重要なのは、プラグインを使わない状態でのSEO施策です。

STORK19とDIVERのデフォルトでのSEO施策を比較するとこのようになります。

STORK19 DIVER
titleタグ
meta robots ×
SEO系プラグイン 必要 不要

「meta robots = no indexなど」です。

STORK19はmeta robotsが実装されていないので、SEO系プラグインが必要になります。

SEO系プラグインはページ速度に影響を与えやすくなるので、

プラグインが不要な「DIVER」のSEO施策の方が充実しているといえます。

比較その③ 用途

用途については、すでに紹介しているので簡単な紹介とします。

STORK19とDIVERは用途が違います。

STORK19 DIVER
趣味ブログ向け(アフィリエイトでも可) アフィリエイト向け(趣味ブログでも可)

と、趣味ブログとしてもアフィリエイトブログとしても使えますが、機能や値段などによって用途が変わります。

STORK19は複数サイトでの利用ができないので、アフィリエイトには向いていないといわれています。

DIVERは値段が高いのも要因ではありますが、複数サイトでの利用が可能で稼ぐための機能が実装されているので

アフィリエイト向けといわれています。

比較その④ 複数サイトでの利用

用途の比較で紹介しましたが、有料テーマには複数サイトでの利用ができるものとできないものがあります。

STORK19は複数サイトでの利用ができないテーマで、DIVER複数サイトでの利用ができるテーマです。

STORK19を購入してから複数サイトの運営をする方は、テーマを使いまわさないように気を付けてください。

一方、DIVERは複数サイトでの利用が可能なので、
複数サイトを運営する場合でも、問題なく使うことができます。

比較その⑤ AMPの搭載

STORK19とDIVERにはAMPが搭載されているのかを比較します。

AMPという機能を知っていますか?

AMPは、機能を一部を制限する代わりにページ速度を高速化する機能で、Googleが推奨している機能です。

STORK19にはAMPが搭載されていませんが、
DIVERにはAMPが搭載されています。

なので、ページ速度を速くしやすいのはDIVERです。

しかし、AMPは機能が制限されるので使っていない方も多いです。

筆者が使用しているTHE THORにもAMPが搭載されていますが、AMPは使っていません。

なので、AMPを使わない方は実装されているかどうかを重視しなくて大丈夫です。

比較その⑥ PWAの搭載

PWAもGoogleが推奨している機能です。

PWAもGoogleが推奨している機能で、サイトをアプリ化してリピート率を上げやすくする機能です。

PWAは有料テーマのなかでも搭載されているテーマが少ないです。

STORK19とDIVERにはPWAが搭載されていません。

なので、PWAが搭載されているテーマよりはリピート率を上げにくくなりますが、

PWAを使わなくてもブログ運営には影響しないので、AMPと同じくそこまで重視しなくてもいいかと思います。

比較その⑦ ショートコードの有無

ショートコード機能があると、とても便利です。

ショートコードとは、広告挿入などをショートカットできるコードのことです。

ショートコードがあるテーマの方が、
広告の挿入などの手間が大幅に短縮できます。

うれしいことに、STORK19とDIVERにはショートコード機能が搭載されています。

なので、アドセンスの広告挿入などが簡単にできるといった魅力があります。

ショートコードはかなり魅力的な機能です。

比較その⑧ サポート

STORK19とDIVERの最後の比較は「サポート」についてです。

多くの有料テーマにはサポートがあります。
会員フォーラムサポートや、メールサポート、会員サポートなどが主流です。

STORK19とDIVERにもサポートがあり、

STORK19 DIVER
メールサポート お問い合わせ

となっています。

有料テーマのサポートには大した差がないです。

メールサポートやお問い合わせといったサポートがあると疑問を解決しやすくなるので初心者にも優しいテーマだといえます。

DIVERはこちらのリンクから購入できます。
→ SEO対策済み!wordpressテーマ「Diver」

STORK19はこちらのリンクから購入できます。
→ WordPressテーマ「STORK19」

STORK19とDIVERの比較:まとめ

STORK19とDIVERの比較:まとめ

STORK19とDIVERを比較してきました。

STORK19は値段が安く、機能もある程度充実しています。複数サイトでの利用ができないですが、

CTA・LP機能が搭載されているのでアフィリエイトやアドセンスで稼ぎやすくなります。

DIVER値段が高く、手が伸ばしにくいですが、

複数サイトでの利用ができ、CTA・LP機能はもちろん「動くマーカー」などの個性的な機能も搭載されているので、

独自性を出しつつ、アフィリエイト・アドセンスで稼ぎやすくなります。

自分に合ったテーマでブログ・アフィリエイトで稼いでみませんか?

DIVERはこちらのリンクから購入できます。
→ SEO対策済み!wordpressテーマ「Diver」

STORK19はこちらのリンクから購入できます。
→ WordPressテーマ「STORK19」

DIVER

SEO対策などの実績が詰まっているテーマ「Diver」。Diverを使っているユーザーさんの実績と共に進化を続けるテーマです。SEO対策はもちろんのこと、デザイン性や機能性も高いです。そんなテーマで収益を目指してみませんか?

DIVERを購入したい方はこちらのボタンをクリックしてください。